遮熱・断熱フィルム

遮断熱フィルム=省エネ・節電・暑さ対策になります。

窓ガラスフィルムは、様々な種類がありまして、ホームページを見ただけでは、それらの違いと良さが分かりづらいです。下の動画は、窓ガラスフィルムの性能と効果を分かりやすく説明しますので、是非ご覧になってください。また、お見積りの依頼を頂きましたら、実際のサンプルをお持ちしますので、実物を手に取って確認していただけます。

もっと詳しい事については弊社にお問い合わせ下さい。お客様のニーズに合うフィルムをご提案いたします。

継続的な省エネ・エコ・節電対策を始めましょう

2011年の東日本大震災を教訓として、今後も起こりうる大地震や電力逼迫状態に備え、「リスクマネージメント」しての省エネ・エコ・節電対策を継続的に取っておくことが必要とされています。

● 電気料金上昇のリスク ⇒ 企業経営、家計維持のための省エネ対策が必要

● 供給電力不足長期化のリスク ⇒ 引き続き今夏同様の節電対策が必要

● 地球温暖化のリスク ⇒ 大震災後意識が低くなっているエコ対策が必要

 

これらの対策は一朝一夕でできるものばかりではなく、日頃から計画的、継続的に実施ていくことが重要です。

スリーエムジャパン Nano(ナノ)フィルムの5つの効果

1.暑さ軽減効果(温度の低減)

実際の建物での暑さ軽減効果を検証。弊社相模原事業所ガラスハウス西面での2010年8月の測定の結果、Nano70Sフィルムの貼付により、机の表面温度を約15℃、体感温度(グローブ温度)を約6℃低下させることが実証されております。

2.節電効果(ピーク電力の低減)

同様に、弊社ガラスハウス西面での2010 年の1 年間の測定の結果、Nano70S フィルムの貼付により、ピーク時(8 月)に透過日射量を最大約350W/m2低減し、約70W/m2の節電効果があることが実証されております。

3.省エネ・エコ効果(電力使用量、排出CO2量の削減)

Nano70Sを300m2(東、西、南各100m2ずつ窓ガラスに貼付)した場合のシミュレーションを実施すると、7960kWh の消費電力量が削減され、排出CO2量が2866kg 削減されると推定されます。

4.ガラス飛散防止効果

マルチレイヤーNano シリーズは、十分なフィルムの強度と接着力を持ち合わせており、JIS A 5759 で規定するガラスの飛散防止効果を有します。したがって下の写真のように、フィルムが貼ってあると、ガラスは破壊するもののフィルムに保持されて、破片が落下しにくくなります。

5.紫外線カット効果

マルチレイヤーNano シリーズは紫外線を99%以上カットするので、女性や小さな子供の皮膚にも優しく、また室内の器物の日焼けや色あせを抑える効果があります。

スリーエムジャパンの省エネフィルムに関する資料は、こちらのPDFファイルをご参考ください。

btn-inquiry-w2-2.jpg

目的別窓フィルム

窓フィルムの種類